• TEAMくらデモ

令和元年度板橋区民・意識調査から

最終更新: 2月25日

2020年4月

板橋区役所は隔年で「区民意識意向調査」を行っています。


著者は板橋在住かれこれ30年以上経ちますが、地元のことをよくわかっていないと感じています。が、この調査の結果を紐解いていくと、区政に関連した様々な設問への区民の方々の回答を通じて、皆さんが板橋区政をどう思っているか、経年変化をみることで区民の皆さんが区政をどう評価してきているか、などが推察できるので、その結果の公表を今か今かと楽しみにしています。




区役所作成のレポートは、まぁ~自身で評価、記述しているので、区長や幹部に怒られそうな箇所はシカとしている感があるので、やはり一区民なりに分析してみると気づき点が結構出てきます。


今回の意向調査の結果公表は例年より遅れて3月中旬の公表でした。コロナの影響でもしや、、、、と思っていたので無事公表されてよかったです。


以下のPDFファイル(記事下にも掲載しました)は、調査結果データのほんのごく一部を基に、著者が独自に作成したものです。この調査はあくまで、板橋区役所が隔年で実施している調査なので、設問は区役所が設定したものであること、今回は対象3,000人に対して有効回答が1,000強とちょっと回答率が低いこと等を念頭にみていただければと思います。


PDFファイルへのリンクはここ

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/016/583/houkokusyo3m.pdf


ちなみに所感ですが、台風被害、浸水被害が首都圏でも起こったこと等からか、2017年度調査結果では目立たなかった「防災」が、今回2019年度調査で区民の回答に出てきています。


次回調査は来年2021年度ですが、今回のコロナ事案で区民の皆さんのどういう意識の変化がみられるか、区政に何を期待する回答となってくるのか、個人的には興味の尽きないところです。














71回の閲覧0件のコメント